▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

飼い主、魚の香りをばらまいて。。。(京急油壺マリンパーク)

先日(4月2日)、京急油壺マリンパークへ遊びに行ってきました。

鳥好きとして、やはりいちばんの目的は・・・

ひとし

イワトビペンギンに会いたいっ!

のんたん

今日は鳥くさいブログではなく、どちらかというと魚くさいブログになると思います。

油壺マリンパークの園内図

水族館・あしか島・ペンギン島・いるかのプール・みうら自然館・かわうその森など。

最初は正直、ペンギン島にしか興味ありませんでしたが・・・

入場してすぐのところにある小さなプールにいるサメを発見。

サメを触ってみませんか?ということらしく・・・

小さなプールにいるサメ

触ってみました、鮫肌を!!

本当にザラザラしているんですね。

ゴシゴシと洗濯板代わりになりそう。ハンカチくらいなら洗えるのでは?

ひとし

この鮫肌タッチ体験だけで、持っていかれました、心を。

今日は鳥から魚に浮気してもええなと。

なんてこと思いながら、ふと横を見ると・・・

アメフラシを触るのんたん

あめふらしにタッチしている恋人ののんたんが!

ぷにゅってしているよ〜

のんたん

**********

サメに飲み込まれる体(てい)ののんたん

水族館の入り口にはホホジロザメの顎歯の模型が。

記念撮影しないわけにはいきませんよね。

ひとし

サメに飲み込まれる体(てい)ののんたん。

表情は素でした。

**********

水族館ゾーンはテーマ別の展示。

しめくくりは回遊水槽での餌付け。

餌に群れる魚群は迫力満点だったよ!

のんたん

**********

イルカのパフォーマンス

僕よりもきっと賢いイルカ。

パフォーマンスをするアシカ

お姉さんをガン見するアシカ。

大好きなお姉さんとのパフォーマンス、楽しそうでしたよ。

ペンギンのきぐるみ
ほのぼのとした寸劇のテーマは、なんとAIでした・・・マリンパークにもAIの時代が。

ひとし

イルカ・アシカのパフォーマンスショーは、子どもたちのかわいい歓声であふれていました。

**********

あ、そうそう。かわいいと言えば・・・コツメカワウソもいたよね!

のんたん

眠っているコツメカワウソ
眠っているコツメカワウソ
みんなお昼寝タイムだったね。ぽかぽかでお天気良かったから、仕方ないね。

ひとし

眠っているフクロウ
マリンパークだけど、フクロウもいたね。

のんたん

**********

そして、とうとうやって来ました!ペンギン島!

キタイワトビペンギンたちとご対面〜♫

ひとし

飼育員さんから魚をもらうキタイワトビペンギン

飼育員さんからお魚をもらっています。

下の段で、自分の順番を待っている子。

食事の順番待ちをするキタイワトビペンギンたち
この子たちも列を作って順番待ちをしてたね。お利口さんだよね。

のんたん

ひなたぼっこするキタイワトビペンギンたち

大好きな岩場でひなたぼっこしているキタイワトビペンギンたち。

仲間に毛づくろいしているキタイワトビペンギン
なかよく毛づくろいしあってたな〜

ひとし

スイスイと泳ぐキタイワトビペンギン

当たり前ですが、水泳もおてのもの。

泳いでいるキタイワトビペンギンの顔アップ
あら、イケメン♥

のんたん

飛べないといっても、やはり鳥の仲間。

美しいフォルムに、愛くるしい表情としぐさ。

マリンパークでもやはり鳥くさい人でありたい僕でした。

ひとし

マリンパーク内の桜

パーク内では桜もきれいに咲き誇っていましたよ。

京急油壺マリンパーク、とてものどかな雰囲気でわたしはすき。また行きたいな。

のんたん

今回、僕たちは日帰りでしたが、マリンパークの隣には旅館もありました。

遠方から来られる方でしたら、宿泊して三浦半島を散策するのも良いかもしれませんね。

またゆっくりと訪れたいです。

**********

不機嫌そうな文鳥のラムネくん

ラムネ

ひとし・・・どこ行ってたの・・・そんなに魚くさい香りさせて!!
ぼ、僕だってたまには魚くさくなりたい日だってあるさっ!

ひとし

ラムネ

バードライフアドバイザーやめて、フィッシュライフアドバイザーにでもなるのかね!?それともさかなくんか!!
あ〜サメにイシダイ、カニやイルカ・・・みんな可愛かったナァ〜

ひとし

ひとし、大人げないよ!鳥くさくても魚くさくてもどっちでもいいよっ!

のんたん


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です