▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

鳥飼いでもアロマの香りを楽しみたい! → AROMASTIC(アロマスティック)をおすすめします

今年の1月のことでした。鳥飼いさんのとあるツイートが拡散され、話題になりました。

鳥と暮らして7年ほどになりますが、僕の勉強不足でアロマオイルが鳥に有害だとは知りませんでした。

ただ、僕はアロマディフューザーを日常的に使用していましたし、それが原因と思われる鳥の体調不良などは今まで見受けられませんでした。

ちなみにお香もほぼ毎日炊いていました。

しかしながら、こちらの記事の鳥専門医の見解では。。。

  • 頻繁に起こる事故ではない
  • 相談を受けた場合は、アロマデュフューザーなどの使用を控えるように勧める
  • 鳥によって個体差はあるが、中毒死や呼吸不全を引き起こす危険性はある

はっきりと断言はされていませんが、危険性が多少なりともあるんだな。。。と僕は捉え、念の為アロマデュフューザーの使用は控えることにしました。

※鳥だけでなく、猫や犬などペット全般において有害とのことです



鳥飼いのみなさんのなかにも、アロマオイルなどの香りに癒やされるのが好きな方は多いと思います。

鳥と暮らしていても、アロマの香りを楽しみたい!という方におすすめなのが、ソニーから発売されている「AROMASTIC(アロマスティック)」です

ひとし

このスティックを鼻に近づけて、ボタンを押すと香りが出るのですが、拡散される範囲は鼻の周辺のみ。

鳥に向けたり、極端に近くで使用しない限りは安全だと思います。

このアロマスティックは、手軽に持ち歩いてどこでも香りを楽しんだり、ちょっとした気分転換に使ったり、オフィスなどで周りへの迷惑を気にすることなく香りが楽しめるというコンセプトなのですが、ペットとの生活においても役に立つとは購入当初思ってもいませんでした。

スティック本体に、このカートリッジをセットして香りを楽しみます。

カートリッジは(2018年10月2日)現在6種類発売されています。

  • for Basic:毎日に寄り添う5つの香り(ウーマンズバランス、エキゾチカ、フォーカス、バイタリティ、ナイトタイム)
  • for Beauty:美しい日々へ誘う5つの香り(ゼラニウム、フランキンセンス、ウーマンズバランス、ネロリ、ローズオットー)
  • for Business:働くあなたに贈る5つの香り( レモングラス、ローズマリー、カーミング、ジャスミン、ラベンダー)
  • for Freshness:新しい挑戦を応援する5つの香り(メリッサ、ティートリー、ハーバルフレッシュナー、ペパーミント、べルガモット)
  • for Study:日々の学びを支える5つの香り(メイチャン、オレンジ、フォーカス、ローズマリー、ジンジャー)
  • for Relax:忙しい日々のひと息に日本の森の5つの香り(ニオイコブシ、アスナロ/ヒバ、サンショウ、ヒメコマツ、クロモジ)

ひとつのカートリッジに5種類の香りが入っています。

僕のお気に入りは「for Study」。

自宅学習の気分転換にシュッシュッと楽しんでいます。



しかもニールズヤード レメディーズ社のエッセンシャルオイルが使われています!

ひとし

鳥との暮らしもアロマオイルの癒やしも楽しみたい!という方にはおすすめです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です