▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

【書籍紹介】ぴーちゃんの歌(さかざきちはる)

今日は僕の大好きな書籍を紹介します。「ぴーちゃんの歌」という絵本です。

ひとし

作者はさかざきちはるさん。

(※残念ながらこの絵本は既に絶版となっており、中古市場でしか入手出来ません)

JR東日本のICカード、Suica のペンギンでも有名な方ですよね。

ひとし




一人暮らしの女の子がお迎えした白文鳥のひな。

女の子はぴーちゃんと名付けます。

その日から女の子の毎日はぴーちゃん中心の生活に一変。

大切に育てられたぴーちゃんは、ひなから成鳥へ。

成鳥になったぴーちゃんはひとりでごはんを食べるようになります。

ひとりで好きなところへ飛んでいき、ひとりで遊び始めます。

ふと、女の子は思います「いつかわたしからも飛び立っていくの?」


ぴーちゃんの歌の裏表紙

ときどき、この絵本を読み返します。

鳥の可愛らしさ、鳥の一生懸命さ、パートナーとしての鳥との心地よい距離感、小さな命との限られた時間がとても愛おしく感じられる絵本です。

ひとし


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です