▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

焦らしてみたり

オカメインコのポテトくんはとても気が優しい男の子です。

文鳥のラムネくんには叱られてばかり、サザナミインコのなすびくんには威嚇されて逃げ回ってばかり。

文鳥のラムネくんに叱られているオカメインコのポテトくん
サザナミインコのなすびくんに威嚇されているオカメインコのポテトくん

そして、ポテトくんはヒトが大好き。

初めて会った僕の鳥友さんの肩にもすんなり乗ります。

人見知りしないのです。

もちろん、飼い主の僕のことも大好き。

朝も夜もなでてもらいたくてうずうずしているのです。

なでてもらいたそうな顔をするオカメインコのポテトくん

ね、なでてもらいたそうな顔をし始めましたよ。

いつもはここで「ポテく〜ん♡なでなでしようね〜」と手を差し出してなで始める僕ですが、今日はちょっといたずら心が。。。

頭をなでなでしてほしいオカメインコのポテトくんを焦らす飼い主

このままの状態ですこし焦らしてみました。

ポテト

・・・・・・
・・・・・・

ひとし

ポテト

・・・・・・・・・

焦らすこと数十秒。。。

とうとう我慢できなくなったのは僕の方。

耳の辺りをなでなでしてもらうオカメインコのポテトくん

ポテトくんの耳のあたりをなでてあげます。

気持ちよさそうでしょう。

すでに目はうっとり。。。

首のあたりをなでてもらうオカメインコのポテトくん

ポテトくんの気持ちが満たされるまでなでてあげます。

ポテトくんの気持ちが満たされるころには僕の気持ちも満たされています。

鳥とヒト、時に言葉は不要。

ずっとポテトくんに信頼される飼い主でいたいものです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です