▷YouTube『鳥くさいちゃんねる』はこちら◁

怒りん坊と甘えん坊のあいだ

20年近く前に読んだ小説のタイトルのような今日の記事タイトル。

今日は怒りと甘えの間で揺れ動く文鳥のラムネくんのお話。

**********

我が家の長男坊、文鳥のラムネくんはだいたいいつも怒りん坊。

サザナミインコのなすびくんに対して怒る、怒る。

オカメインコのポテトくんに対しても怒る、怒る。

まんまるお目々でこちらを見つめる文鳥のラムネくん

こんな可愛い顔で飼い主を見つめているのに・・・

文鳥のラムネくんに近づく飼い主の指

飼い主の指が近づいてくると・・・

飼い主の指に噛み付こうとする文鳥のラムネくん

ほ〜ら、やっぱりキャルルルって怒りん坊に変身します。

**********

しかし、たまに甘えん坊なところを見せてくれるんですよ。

飼い主の指にくちばしを埋める文鳥のラムネくん

噛み付くのかと思いきや、突然くちばしを飼い主の指と指の間にうずめてくるのです。

飼い主の指にくちばしを埋める文鳥のラムネくん

こんなふうに。

気持ち良さそうに飼い主の指にくちばしを埋める文鳥のラムネくん

どうやら、安心するみたいです。

**********

飼い主の指は嫌いなんだけど、うずめるのは気持ち良い・・・

うずめたいけど、やっぱりキャルルル怒りたい!

そんな両極端な感情のあいだで揺れ動くラムネくん。

文鳥のラムネくんの真正面顔
怒っているラムネくんも、たまに甘えるラムネくんも飼い主は大好きですよ。

ひとし

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です