▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

おこりんぼう

ラムネくん 文鳥

ラムネくん 文鳥

ラムネくんは、僕の指を見つけると。。。

ラムネくん 文鳥

一目散に走り寄ってきて。。。

ラムネくん 文鳥

キャルルルル〜という鳴き声とともに、指に威嚇を始めます。

ラムネくんのおこりんぼう動画をお見せしますね。

ひとし

こんな感じで、飼い主はいつも怒られています。

ひとし

ラムネ 文鳥

ラムネ

でも、ひとしのことを嫌いなわけじゃないんだよ。指を見ると、ついつい野生の本性が目を覚ますみたいなんだ。
うんうん、分かっているよ。おこりんぼうのあとは、あまえんぼうになったりするものね。

ひとし

ラムネ 文鳥

ラムネ

うん。くちばしをひとしの指で挟んでもらうのだいすきなんだ〜

文鳥は、小さな身体のわりに、怒る時のパワーが結構激しいです。

でも、それは文鳥の魅力のひとつでもあります。

怒るときも甘えるときも、ご飯を食べるときも、常に一生懸命。

文鳥の魅力、これからもたくさんお伝えしますね。

ひとし


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です