▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

ペレットの購入で失敗した話

やっちゃいました。。。今日は僕の失敗談をお話しますね。

ひとし

サザナミインコのなすびくんが綿棒をバトンのように握っている

(綿棒を脚で器用に掴むサザナミインコのなすびくん)

サザナミインコのなすびくんは、脚をこのように上手に使ってモノを握るのが得意なんです。

そこで飼い主は思いました。。。

なすびくんがペレットを脚で掴んでモグモグ食べる姿は可愛いだろうなぁ。。。

ひとし

と。

実際にヨウムなどが脚で器用にペレットや果物を持ち、モグモグと食べている動画などをよく見かけることがあります。



よし、少し大きめサイズのペレットを買おう!

ひとし

我が家の鳥たちの主食はペレットです。

各鳥に複数のペレットを与えています。

現在、ペレットのほとんどは外国産です。ある日突然、供給が不安定になり日本での販売が中止になる可能性もあります。そういう観点から、我が家の鳥たちには複数のペレットを与えています。

ひとし

我が家には文鳥、オカメインコ、サザナミインコの計3羽がいますが、ペレットどれもみんなが食べやすい小粒サイズのものばかり。

ハリソンのパッケージ

こちらが今回購入した「ハリソン アダルトライフタイム」。

ハリソンは我が家では初めて導入するペレット。

手のひらに載せたペレット(ハリソン)

今回購入したサイズは1センチ角ほどのサイコロ状、大粒サイズです。



このサイズならなすびくんも脚で持つのにちょうど良さそう!

ひとし

早速、放鳥中のなすびくんに差し出して試してみることに。

初めて見る種類のペレットになかなか近付こうとしません。

ペレット(ハリソン)をすこし遠巻きに見るサザナミインコのなすびくん

しかし、それは想定の範囲内。

いつも腹ペコの食いしん坊なすびくんは、すぐに慣れて食べ始めるはず。

今までのペレットもそうでした。

それでも大きさのせいか、なかなか近づいてもくれないので少し砕いてサイズを半分くらいにして差し出してみました。

やっと近づいて来て、いざくちばしでかじろうと。。。

なすび

ひとし。。。これ硬いっす。。。硬すぎるっす。。。



想定外でした。

確かに、ハリソンの大粒サイズは人間の僕が指で砕こうとしても結構力が必要なほどの硬さ。

大粒サイズのままでは脚で掴んだところで、なすびくんのくちばしの力では噛み砕くことが到底出来ない様子。

さらに砕いて、小粒サイズにして初めてなすびくんはモグモグと食べてくれました。

砕かれたペレット(ハリソン)を食べるサザナミインコのなすびくん

試しに、オカメインコのポテトくんにも差し出してみましたが、同じような反応。

砕かれたペレット(ハリソン)を食べるオカメインコのポテトくん

やはり、小粒サイズまで砕いて初めて口にしてくれました。

なすびくんもポテトくんも小さく砕きさえすれば、美味しそうに食べてくれたことが不幸中の幸いでした。

ひとし

小粒サイズもしくはマッシュ(粉状)サイズを改めて購入しようかとも考えましたが、もったいないので飼い主の僕が砕くことにしました。

飼い主がペレット(ハリソン)を金槌で砕いている

指で砕くには硬すぎますし、一粒ずつ砕いていくのはあまりにも時間と労力を要するので金槌で砕くことに。

地道な作業です。。。

どんぶりに入っている砕かれたペレット(ハリソン)

時間を見つけては少しずつ砕いていこうと思います。。。

ちゃんと愛鳥の視点に立って、もう少しちゃんと調べてから(獣医師やペットショップの店員さんにアドバイスを受けた上で)購入すべきでした。



お店によっては、少量に小分けされたペレットのお試しパックが販売されていることもあります。今回、こちらのペレットはお試しパックを(ネット上では)見つけることが出来ませんでしたが、特にペレットは鳥によって好き嫌いもあるようなので、そのようなお試しパックをまず購入して試してみることをおすすめします。

ひとし

今夜もペレットを砕いてから寝ることにします。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です