▷YouTube『鳥くさいちゃんねる』はこちら◁

【鳥・インコ】夏の暑さ対策について【熱中症 / エアコン・保冷剤】

鳥さんが冬の寒さに弱いというのはよく聞くのですが、夏の暑さは大丈夫なのでしょうか?部屋の温度が上がると鳥さんが口をパクパクすることがあります。このしぐさは何を意味しているのでしょうか?
ひとし
ひとし

バードライフアドバイザーのかたやまひとしです。
鳥さんが冬の寒さに弱いというのは、鳥飼いさんの間でもよく知られていることですが、実は夏の暑さにも注意をしてあげる必要があります。今回は、夏における鳥さんの温度管理と熱中症対策について解説しますね。


鳥さんは暑さに強い?

サングラスを掛けた太陽のイラスト

鳥さんは寒さに弱いというイメージが強いため、夏の暑さにはそれほど気を使っていない飼い主さんもいるかもしれません。

たしかに、鳥さんは原産国の気候が温暖な地域であることが多く、暑さに比較的強い個体が多いですが、湿度も高い日本においては必ずしもそうとは限りません。サザナミインコのように涼しい山岳地帯が原産のため、寒さに強く暑さに弱い鳥さんもいます。

室内の適温は?

鳥さんが快適に暮らすことができる室内の適温は、年齢や健康状態によって異なります。

幼鳥(1歳未満)および老鳥25℃〜30℃
健康な成鳥20℃〜27℃
病気を患っている鳥28℃〜30℃

(※上記はあくまで目安です。個体差もありますし、神経質になりすぎる必要はありません。)

また、湿度は60%以上にならないように調節するのが望ましいです。

季節問わず室内の温度や湿度はいつでもチェック出来るように、温度計(温湿度計)はケージの近くに設置しましょう。



鳥さんの熱中症について

口を大きく開けている文鳥のラムネくん

鳥さんも人間と同じように熱中症(熱射病)のような症状に陥ることがあります。鳥さんが口をパクパクさせて苦しそうに呼吸をしていたり、翼を広げるしぐさを繰り返したり(体温調節をしようとしている)、ふらふらしたり。。。そんなしぐさは要注意のサインです。さらに悪化すると脱水症状や虚脱症状に陥り、痙攣を引き起こしたり脳へのダメージも。最悪の結果を迎える危険性もあります。

熱中症になってしまったら

もし、上記のような熱中症と思われる症状に陥ったら、まずは室内の温度を下げましょう。また、常温の水もしくは経口補水液を飲ませてください。スポーツドリンクなどは鳥さんにとっては糖分が多すぎるためオススメしません。

近場にかかりつけの動物病院がある場合は、すみやかに診てもらうのも良いでしょう。しかしながら、熱中症を発症した状態では暑い季節であれば外へ連れ出すのは大変危険です。症状が少し落ち着いてから、もしくは陽が落ちてから(キャリーケージの保冷対策をした上で)外出しましょう。

経口補水液は人間の熱中症時にも役立ちます



熱中症対策

熱中症対策として、夏の室温をコントロールする方法をいくつか挙げますね。ちなみに我が家では、エアコンでの調節一択です。

ひとし

エアコン・扇風機

エアコンのスイッチを入れる女性のイラスト

夏場は人間の外出時も含め、エアコンの除湿(ドライ)運転や微風の冷房で室温をコントロールすることをおすすめします。

また、エアコンと扇風機を併用して室温調節するのも良いでしょう。

ただし、冷風は直接ケージに当てないようにケージの位置を調整するか、冷風の当たる面にタオルなどを掛けましょう。冷風が鳥さんの身体に直接当たることで、体調を崩す危険性があります。

外出時にエアコンをつけっぱなしにすることで、電気代が気になる方もいらっしゃると思います。下記のグラフは、僕の部屋(ワンルームで約8畳)の電気料金の推移です。参考にしてみてください。

ひとし

2017年10月から2018年9月まで1年間の僕の部屋(ワンルームで約8畳)の電気料金の推移
余談ですが、エアコンの冷房運転と除湿(ドライ)運転で掛かる電気代は結構違います。除湿運転の方が安いイメージがありますが、除湿方式にも2種類あり、場合によっては冷房運転よりも電気代が掛かります。ちなみに我が家のエアコンはメーカーに問い合わせたところ(型番を元に公式サイトで調べるか、お問い合わせ窓口でも教えてくれます)「弱冷房除湿」という冷房運転よりも料金が安い除湿方式でしたので、基本的には除湿運転にしています。以下のサイトでそれについて詳しく解説されてらっしゃるので、ぜひ参考にしてみてください。

ひとし

参考 エアコンの『冷房』と『除湿』電気代が安いのはどっち?梅雨だからこそ知っておきたい!NAVER まとめ



保冷剤

保冷剤のイラスト

タオルなどで巻いた保冷剤をケージの上に設置し、周辺の温度を下げる効果があります。メリットとしては冷えすぎないこと、デメリットとしては効果が持続する時間が短いということです。



窓を開けて風通しを良くする

窓を開けて換気をするイラスト

部屋の窓を2箇所以上開けて、風通しを良くすることで室温を下げるのも良いでしょう。ただし、鳥さんが窓から外に出ていってしまわないように念の為ナスカンなどをケージの扉に掛けるなど最善の注意を払いましょう。


ひとし
ひとし

温度も湿度も非常に高くなる日本の夏、愛鳥さんが少しでも快適で安全に過ごせるように、室温と湿度のチェックはこまめにおこなって、大切な鳥さんを熱中症にさせないように気をつけてくださいね。

今回の記事は、YouTubeでも解説しております。
ぜひ、ご覧になってくださいね。

あなたと愛鳥さんのバードライフがより良いものとなりますように!それでは、また。バードライフアドバイザーのかたやまひとしでした。