▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

【サザナミインコの飼い方】サザナミインコってどんな鳥?

サザナミインコのなすびくん

サザナミインコってあまりペットショップでも見かけないんだけど、どんな鳥なのかしら?性格や鳴き声の大きさ、平均寿命も気になるな。
近年、飼い鳥として徐々に人気が出てきたサザナミインコ。Twitterやインスタグラムでもよく見かけるようになりました。今日はサザナミインコの生態や性格、魅力についてお話ししますね。

ひとし

サザナミインコってどんな鳥?

生息地

山岳地帯のイラスト

サザナミインコは南アメリカ、ベネズエラなどの山岳地域に生息しています。普段から数十羽の群れで生活し、繁殖期にはさらに大規模な群れをつくります。涼しい高地で生活をしているため、寒さには比較的強いですが暑さに弱いと言われています。

注意
あくまで野生のサザナミインコでの話ですので、飼い鳥としてのサザナミインコが必ずしも寒さに強いわけではありません。ただ、他の飼い鳥より暑さに弱いようですので、夏の室温管理にも注意しましょう。
あわせて読みたい

大きさと体重

指からぶら下がるサザナミインコのなすびくん

サザナミインコの体長は15センチ前後、体重は45g〜55gです。ちなみに我が家のサザナミインコ、なすびくんは体長14センチで体重が40g〜42gとすこし小柄です。



性格

サザナミインコをお迎えするにあたって、僕はGoogleで「サザナミインコ 性格」などのキーワード検索をしました(サザナミインコに特化した飼育本は出版されていない為、ネット上で飼育情報を集めました)。すると、ほとんどのサイトで「おとなしい」「穏やか」「温厚」「動きがゆっくり」「強く噛まない」という何とも飼い主を喜ばせるような文言が数々見受けられました。

しかしながら、我が家にお迎えしたなすびくんの場合。。。「にぎやか」「荒い」「短気」「動きが激しい」「強く噛む」という何とも飼い主を悩ませるやんちゃ坊主っぷり(笑)。最初はなすびくんのやんちゃっぷりに手を焼いていましたが、最近では(お迎えして2年が経ち)少し落ち着いてきました。というよりも、クリッカートレーニングなどを通じて、なすびくんとのコミュニケーションの取り方を飼い主の僕が理解し始めた感じです。

サザナミインコに限った話ではありませんが、鳥の性格は個体差があります。また、コミュニケーションの取り方ひとつで飼い鳥との距離は近くも遠くもなります。

鳴き声

カーペットの上を歩くサザナミインコのなすびくん

サザナミインコの鳴き声は少し独特です。口の中でもごもごと言っているような、こもった感じの鳴き声を発します。音量は普段は小さいのですが、呼び鳴き(飼い主の姿が見えなくなると騒いで鳴く)をするときの音量は結構大きいです。住環境によっては、念の為アクリルケージ(アクリルケース)で防音対策をしたほうが良いかもしれません。

また、おしゃべりや歌は決して上手ではありませんが、覚える子もいます。ちなみに我が家のなすびくんは、自分の名前や僕が教えた短いフレーズの口笛のメロディー、iPhoneのカメラのシャッター音などを真似るのが得意です。特にシャッター音はかなり高い再現度です。



平均寿命

握られているサザナミインコのなすびくん

飼育下におけるサザナミインコの寿命は約10〜15年ほどです。もちろん、個体差がありますのでそれ以上長生きすることもあります。自分のライフプランと相談して慎重にお迎えしましょう。

魅力

コザクラインコの布製の飾りをかじるサザナミインコのなすびくん

サザナミインコと2年ほど暮らしてみて、僕が感じているサザナミインコの最大の魅力はズバリ「不思議ちゃん」なところです。感情の流れを読み取りにくく、予測不能な動きで飼い主を笑わせてくれます。毎日のサザナミインコの放鳥タイムは常に新鮮で飽きることがありません!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です