▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

【文鳥の飼い方】文鳥ってどんな鳥?(性格・鳴き声・寿命・魅力)

止まり木に座って首を少し傾げる文鳥のラムネくん

飼い鳥としての歴史が長く、人によく慣れ、小さな身体でとても大きな存在感。今日は文鳥の生態や性格、魅力についてお話しします。

ひとし

文鳥ってどんな鳥?

生息地

文鳥のラムネくんドアップ

文鳥はインドネシアのジャワ島が原産地の「スズメ目カエデチョウ科」の鳥です。江戸時代の初期に観賞用として日本に輸入され、明治時代以降は繁殖が盛んになりました。飼い鳥のなかでも育てやすく、比較的丈夫な個体が多いため、日本ではペットとして長年愛されています。


名前の由来

野生の文鳥

(野生の文鳥 photo by pixabay

「文鳥」という和名の由来は諸説ありますが、僕が好きな説は「文」という漢字が中国語で「彩りのある」という意味からその名が付けられたと言われたという説です。英名では「Java Sparrow」(ジャワのスズメ)と呼ばれています。




大きさと体重

体重計に乗った文鳥のラムネくん

平均的な文鳥の体長は14センチ〜15センチ、体重は23g〜28gです。ちなみに我が家の文鳥、ラムネくんは体長11センチで体重が22g〜24gと小柄です。

性格

威嚇する文鳥のラムネくん

好奇心が旺盛

筆入れの中で佇む文鳥のラムネくん

文鳥は好奇心が旺盛で新しいおもちゃや餌にも比較的早く興味を示します。

ただ、個体差もありますので、最初は新しいおもちゃを怖がる子も多いです。

おもちゃに慣れるまで、飼い主は辛抱強く見守ってあげましょう。

部屋の中を探索するのも大好きで、小さな隙間や自分が入れるスペースを見つけるとその中でじっと佇むということもあります。

身体も小さく「え?こんなところにいたの?」ということもしばしば。

思わぬ事故にもつながりますので、放鳥中は目を離さないように注意しましょう。

文鳥に限った話ではありませんが、ながら放鳥は禁物です。

気が強い

オカメインコのポテトくんを威嚇する文鳥のラムネくん

身体の大きさのわりに文鳥はとても気が強いです。

我が家では文鳥の他にオカメインコとサザナミインコを飼っていますが、いちばん身体の小さな文鳥のラムネくんが力関係ではいちばん上に位置しています。

自分のパーソナルスペース(縄張り)に入って来ようものなら、キャルルルルルッと相手を威嚇します。

と言っても、もちろん怒りっぽさには個体差はありますし状況や関係性によっては仲良く寄り添う姿も見られます。

ただ、喧嘩っ早い性格ではあります。

嫉妬心が強い

オカメインコのポテトくんを後ろからじっと見ている文鳥のラムネくん

文鳥はとても嫉妬心が強い鳥です。

例えば我が家の場合、オカメインコのポテトくんは僕の肩に乗って頭をナデナデされるのが大好きなのですが、文鳥のラムネくんはその光景を見つけるやいなや、ポテトくんに近づいて来て威嚇をし始めてしまいます。

もしくは、少し離れたところからじっと見つめています。

飼い主のことを大好きになってしまうあまり、自分がいちばんでないと気がすまないのかもしれませんね。

人懐っこい

雛時代の文鳥のラムネくん、手の中でまったり
雛時代の文鳥のラムネくん、手の中でまったりしたり握られるのが大好きでした

ひとし

文鳥はとても人に慣れやすい鳥です。

飼い主のあとをぴょんぴょんと追いかけてきたり、指や肩、膝の上に乗ってきます。

また、とても慣れた文鳥は飼い主に握られることに幸せを感じるようです。

ただ、文鳥はとても賢く、人を区別することも出来ます。

ですので、家族の中でなぜかパパにだけは攻撃的・・・という切ないケースも。

かと思えば、爪切りや投薬などをしてくれる人に対して「この人はイヤなことをする人だ!!」と攻撃的になることも。

一番お世話をしている人にとっては、つらい話ですが・・・

文鳥に嫌われたくない人は、爪切りを動物病院でお願いするのも良いかもしれませんね。

いずれにせよ、物怖じしないその性格が幸いしてか人と文鳥の距離はとても近く、長年ペットとして日本で愛されてきた理由が分かります。


飼い主の気持ちを察する

飼い主の肩で寄り添う文鳥のラムネくん

僕ががちょっと落ち込んでいたりすると、いつもはキャルルル怒りっぽい文鳥のラムネくんがその日は肩や指でおとなしくそっと寄り添うようにじっとしています。

まるで飼い主のことを心配しているかのように。

気のせいかもしれませんが、きっと文鳥は飼い主の気持ちを察することが出来る鳥なんだと僕は感じています。


鳴き声

文鳥の鳴き声はそれほど大きくはありません。「ピッピッピッ」「チーヨチーヨ」「キャルルルル」など可愛らしい鳴き声で飼い主を楽しませてくれます。また、オスはメスや飼い主に対して求愛の歌を唄うようになります。その旋律は個体によってさまざまで、よそのお家の文鳥の求愛の歌と聴き比べるのも楽しいものです。




平均寿命

文鳥お守りと文鳥のラムネくん

飼育下における文鳥の寿命は7年〜10年ほどです。もちろん、個体差がありますのでそれ以上長生きすることもあります。自分のライフプランと相談して慎重にお迎えしましょう。


魅力

文鳥との暮らしのなかで、僕が感じている文鳥の最大の魅力はズバリ「気まぐれ」なところです。ときに飼い主にベッタリと寄り添い、ときに飼い主をキャルルルと叱る。放鳥中も文鳥は自分の興味があることを自分のペースで楽しんでいます。付かず離れずのその距離感がとても心地よいのです。

ひとし

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です