▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

【放鳥】飼い鳥の運動不足を解消する方法【バードアスレチック】

動物病院で飼い鳥の肥満を指摘されて「ダイエットが必要ですね」と言われました。餌は低カロリーのものに切り替えたのですが、運動不足の解消の仕方が分かりません。具体的な運動不足の解消法ってありますか?
肥満が原因で大きな病気へと発展していく可能性があるのは人間も鳥も同じです。では、今回は鳥の運動不足の解消法についてお話させて頂きますね。

ひとし

飼い鳥の肥満の原因は?

飼い鳥の肥満の主な原因は2つあります。

まず1つ目は餌の食べ過ぎです。

餌箱に常に餌が入っているような状況だと、鳥は本能的に目の前にある餌を食べ続けてしまいます。

餌を与える量を抑えたり、高カロリーな餌を与えないよう飼い主が適切にコントロールすることで餌の食べ過ぎは防ぐことが可能です。

2つ目は運動不足です。

飼い鳥の多くは1日のほとんどをケージ内で過ごしていますので、必然的に運動量は少なく、肥満になりがちです。

飼育下にある以上、飼い主が率先して飼い鳥の運動量をアップさせる必要があります。

運動不足の解消法

放鳥中に出来る運動

鳥たちが楽しみにしている放鳥タイムは、運動不足を解消する貴重な時間です。自由に部屋の中を飛び回ったり、トコトコ歩き周ったりと自ら運動をする鳥もいれば、飼い主のそばをずっと離れようとしない鳥もいます。後者の場合、飼い主がおもちゃなどを使って運動を促すことで少しでも運動不足の解消につながります。

止まり木タワーによじ登るサザナミインコのなすびくん

サザナミインコのなすびくんは「止まり木タワー」によじ登るのが大好き。

オカメインコのポテトくんは「パーチスターボール」を回転させながらカジカジするのが大好き。



文鳥のラムネくんは器用に「マルチユースハンガー」にしがみつきます。

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

今年の2月頃に購入したこのバードアスレチック、最初はみんな怖がって近寄ることも出来ませんでした。

最初にこのバードアスレチックの楽しさに気づいたのは、サザナミインコのなすびくんでした。

その後、オカメインコのポテトくんもなんとか乗ることが出来るようになりました。

文鳥のラムネくんは未だにバードアスレチックを怖がっています。

三者三様ですね。

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

はしごを登ることも、

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん
バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

もちろん降りることも出来ます。

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん
バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

画像では分かりにくいですが、結構すばやく移動します。

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

なぜか端っこがすきななすびくん。

バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん
バードアスレチックで遊ぶサザナミインコのなすびくん

ブランコにも上手に乗れます。

なすび

いい運動になるんすよ。



ケージ内で出来る運動

ケージの中にもおもちゃを入れることで、少しでも運動不足解消の手助けとなります。ブランコを入れたり、ケージ内を動く必要性が生じる動線を作ってあげるのも良いでしょう。

(※あまりに多くのおもちゃを入れると、地震などで鳥がパニックになった際におもちゃが原因で思わぬ怪我をすることもありますので、ほどほどに。)

ケージ内のブランコに乗る文鳥のラムネくん

ラムネくんはブランコでのんびりするのが好きですが、飛び乗ったり飛び降りたりするアクティブな運動もこなします。

オカメインコのポテトくんのケージ全体

オカメインコのポテトくんのケージ内には、移動を促す動線があります。止まり木以外の移動手段のひとつとして「ロープパーチ」を。また、餌を入れる「スカイレストラン」を数箇所に設置することでもケージ内の移動を少しでも促します。


鳥もヒトも運動をすることで、肥満防止やストレスを発散することが出来ます。飼い主のちょっとした工夫で鳥の運動不足を解消させてあげましょう。動物病院で肥満防止や運動不足解消のアドバイスを聞いてみることもおおすすめします。

ひとし



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です