▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

サザナミインコセミナーを受講してきました! & 『ぶんたのもぎたて生穂』さまのご紹介

なすび

ひとし、おかえり。お腹空いたんすけど・・・どこで油売ってたの?
「油売ってた」なんて表現、今どき誰も使わないよ?どこで覚えたのよ・・・

ひとし

くるみ

ひとしさん、のんたん、おかえりなさい。寂しかったの・・・
みんなごめんね。今日はね、サザナミインコセミナーっていう勉強会に参加してきたんだよ。なすびくんやくるみちゃんのことをもっと知りたくてね。

のんたん




サザナミインコセミナーとは

神奈川県のサザナミインコブリーダー、PSK Birdさん主催のサザナミインコに特化したセミナー(勉強会)です。

毎回テーマを掲げて、サザナミインコの生態や疾病、色合いを決める遺伝子のお話などとても興味深い内容の講義を開催されてらっしゃいます。

今回は会場を埼玉県にある鳥さんの保護施設、認定NPO法人TSUBASA さんの会場を借りての開催でした。

僕自身、遠方ということもあり TSUBASA さんへは今まで足を運んだことがなく、今回初めておじゃましました。

(TSUBASA のスタッフの皆様、駅 ⇔ 会場 間の送迎をして頂きありがとうございました)

セミナー終了後は施設2階の鳥さんたちの保護施設も見学させて頂きました。


有料のセミナーのため、講義内容の詳細はここではお伝えできませんが概要を下記にまとめてみました。

ひとし

なお、今回のセミナーは2019年3月に京都で開催されましたサザナミインコセミナーにおいて、いなば動物病院の川田さいこ先生が講義され、好評だった内容を PSK Bird さんが改めてまとめ、ご自身のご意見も追加する形で講義が進められました。

今回のサザナミインコセミナーの概要
  • 疾病について(鼻石症・消化不良など)
  • 鼻石症を発症した際の医師の治療法
  • サザナミインコは日本の気候に適しているのか?
  • 日本以外の飼育環境
  • 野生のサザナミインコの食事事情
  • 海外のサザナミインコと日本のサザナミインコのそれぞれの特徴
  • サザナミインコの発情条件
  • 老年期に向けての注意点
今回もとてもためになり、興味深い内容の講義でした。

のんたん

サザナミインコに関しては、現状日本国内では特化した飼育本は無く、飼い鳥としての歴史も浅いため飼い主はもちろん、獣医師から見ても『謎の多い鳥』とされています。今後も識者の方はもちろん、飼い主の私達も仮定と考察を重ねていき、日本におけるサザナミインコの飼育状況の好転を目指すことが大切だと思います。

ひとし




ぶんたのもぎたて生穂さまの生オーツ麦穂と稗穂、ライ麦の茎

今回の2日間のセミナーでは両日ともに、お土産としてぶんたのもぎたて生穂さまより「生オーツ麦穂」「稗穂」「ライ麦の茎」のサンプルが配られました。

ぶんたのもぎたて生穂(梵天ぶんた)さまは、『無農薬・無化学肥料・健康な土壌での栽培』という方針のもと、安心安全な雑穀の栽培をされていらっしゃいます。

このたび、ぶんたのもぎたて生穂さまのサイトの制作・デザインを担当させて頂くことになりました。まだスタートしたばかりのサイトですが、お力になれるよう内容やサイト構成などを充実させて参りますので、皆様今後共よろしくお願いたします。

ひとし

ぶんたのもぎたて生穂さま 公式サイトはこちら


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です