▷YouTube『鳥くさいちゃんねる』はこちら◁

大みそかをぼんやりと過ごしていたら、いつのまにか『ことりクッキー』を作っていた

ひさしぶりにおおみそかをひとりで過ごしています。

恋人は先週末から体調を崩してダウン。

昨日、恋人の部屋へ出かけてお見舞いついでに年越しの挨拶はすませました。

のんびりとした雰囲気の東急大井町線、乗る人がすくない路線の小田急バスを乗り継いで恋人の部屋へ向かう約1時間ちょっとの移動は、半分居眠りして半分仕事しながら。

ちょうど良い距離なのです、1時間ちょっと。


先日、ブログでも書きましたが亡くなったおばあちゃんから譲り受けた24年モノの電子レンジも恋人同様、調子を崩していたのですが、とうとうおばあちゃんのもとへ旅立ちました。

区のルールに従って800円を支払うことで、おばあちゃんの電子レンジは粗大ごみとして排出されたのですが、そういえば最後に温めたのは僕が毎朝飲む『白湯』でした。



最愛のペットが旅立ってしまったときには、次のペットをお迎えするまでの期間、多少の、なんというか亡くなったペットのことを自分の気持ちの中で追悼する期間が必要な気がしますが(僕はあまり気にしませんが)、電子レンジに関しては話が別。

電子レンジを想って追悼する期間、白湯も飲めないし、おかずの温めやごはんの解凍も出来ません。

おばあちゃんにも電子レンジにもちょっと申し訳ないな、と思いつつ、すみやかにアマゾンで電子レンジを購入しました。

今回は、すこしグレードアップさせてオーブンレンジを。

新しいオーブンレンジをお迎えして、最初に温めたのはやはり『白湯』でした。


大みそかの今日は朝から鳥たちのケージを丸洗いしました。

ケージの大掃除の頻度はだいたい1ヶ月。



鳥たちもすっきり、飼い主の気持ちもすっきり。

午後からはぼんやり、のんびりと過ごそうかなと思っていました。

しかし、気がついたら、僕はクッキーを焼いていました。

ただただ、急にクッキーを焼いてみたくなったのです。

だって、オーブンレンジならクッキーが焼けるというじゃないですか。

クッキーなんて焼いたことありませんが、ググれば数分でレシピは把握。

大みそかなのに気温が17℃もあって、変なの、と思いながら買い物へ出かけました。

でも案外、風は強くて冷たくてやっぱり大みそかだなぁ、と。

粉類はホットケーキミックスで。

あと、牛乳。

クッキーの型とクッキングシートも購入。

なんだか、わくわくするものですね、おかし作り。


クッキーの生地と型

なんやかんや混ぜたりこねくり回して、こんな感じに。

型は左から「くま」「うさぎ」「とり」

ことり型の生地をオーブンへ

もちろん、鳥一択。

予熱したオーブンへ。

さぁ、焼き鳥だ。

完成まで残り9分のクッキーを見守る
(※鳥を飼っている場合、オーブン使用時はしっかりと換気しながら調理しましょう)

ついつい、見守ってしまうね。

完成まで残り4分のクッキーを見守る

まだ焼けぬのか。

完成まで残り5秒のクッキーを見守る

カウントダウン・・・あと5秒

チーンと鳴った。

開けてみよう。

焼き上がったクッキー

なかなかいい感じの色をしている気がする。

なんせ、初めてクッキーを焼いたのでほどよい感じの色合いが分からない。

オーブンから出したクッキー

『ことりクッキー』を鳥に見てもらおう。

ことりクッキーを見つめるサザナミインコのくるみちゃん
(ことりクッキーを見つめるサザナミインコのくるみちゃん)

だいじょうぶ、君を焼いたりはしないから。

手のり『ことりクッキー』

手のり。

ことりクッキーをお皿に

見た目はともかく、焼きたてのクッキーって初めて食べました。

味付けなんて砂糖と牛乳くらいなのに、とっても美味しい。

恋人や友達にも食べてもらいたかった。

今夜は年越しクッキー。

みなさん、今年も一年ありがとうございました。

来年も良い年にしましょうね。