▷鳥を飼うデメリット〜お迎えをする前に◁

てっぺんに到達したのは君がはじめてだよ

サザナミインコのくるみちゃん

サザナミインコのくるみちゃんを我が家にお迎えして今日で6日目。

金曜日は電車に1時間以上揺られてのはじめての外出、大切に育ててくれたブリーダーさんとのお別れ。そしてはじめて訪れた我が家。

我が家に到着したばかりのサザナミインコのくるみちゃん

土曜日は新しいお家(ケージ)に慣れてもらうために、放鳥は控えてゆっくりとお家で過ごしてもらったね。お家のなかのおもちゃをカジカジ噛んでいたね。ゴニョゴニョゴニョ、ってひとりごとを言いながら。

ケージの中にいるサザナミインコのくるみちゃん

日曜日は健康診断を受けにはじめての病院。うんちもそ嚢(そのう)も問題なかったし、羽根の艶や体格を先生に褒められたね。感染症の診断結果が分かるまではみんなといっしょに遊べないけれどしばらくの辛抱だよ。



月曜日、ふと君のおうちの中を覗いてみたら小松菜をアート作品に仕上げていたね。びっくりしたよ。水玉模様は草間彌生さんのそれのようだね。

サザナミインコのくるみちゃん作の小松菜アート

火曜日は僕の指に乗るクリッカートレーニングをたくさんしたね。これから君は僕の前からいなくなるまで何万回とこの指に止まるんだよ。僕は君の脚の暖かさをしっかりと心に刻みつけるだろうし、君がいつか最後を迎えるときに僕の指に止まって終わりたいって思ってもらえるような飼い主に僕はなるからね。

飼い主の指に乗るサザナミインコのくるみちゃん

水曜日の今日は朝からマルチユースハンガーによじよじと登って遊んでいたね。てっぺんにゴールの印となる鈴をセットしていたんだけど、この鈴に到達したのは君がはじめてだよ。

マルチユースハンガーをよじ登るサザナミインコのくるみちゃん
サザナミインコのくるみちゃんがマルチユースハンガーのてっぺんに登って鈴をかじっている

いろいろとすごいよ、くるみちゃん。



僕がデレデレになりながらくるみちゃんを撮影中、ふと背後に視線を感じたので振り返るとなすびくんが張り付いてこっちを見ていたよ。

ケージに張り付いてこっちを見ているサザナミインコのなすびくん

大丈夫、いつもみんなのこと平等に大好きだよ。

でもごめん、ほんのちょっとだけ今はくるみちゃんに熱を上げているんだ。

みんなのときもそうだったじゃないか。

手のひらでゴロンとしているサザナミインコのなすびくん
幼鳥時代のなすびくん
なでなでされてる幼鳥時代のオカメインコのポテトくん
幼鳥時代のポテトくん
手の中でくつろぐ文鳥のラムネくん
幼鳥時代のラムネくん

ね、覚えているかどうか知らないけれど。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です